グルメ モヤモヤっとする話

春を告げるイカナゴが解禁されたので、くぎ煮を作りました

投稿日:


2月26日にいかなご漁が解禁されました。
もうそんな季節?!と思い、調べてみると、すでに解禁初日で4~5㎝。
くぎ煮を作るのにはちょうどいい大きさです。
これ以上大きくなると、素人にはうまく作れないそうなので、慌てて、くぎ煮を作ることにしました。

いつもは明石の魚の棚に買いに行くのですが、今年は朝から行く時間がなかったので近くで購入することに。
そのため、明石焼きは来年までおあずけになってしまいました(T_T)
岸和田の大阪府漁連の直売所は、前日までなら予約が出来るという事なので、早速予約。
ただ、受け取りは10時~14時まで。
お昼から大急ぎで向かいます。
阪神高速湾岸線の岸和田南で降りて、5分足らずで到着。
14時ギリギリ、間に合いました。

大阪府漁連  大阪府漁連_店舗

この日は暖かったので、イカナゴが痛んではとエアコンを入れ、寒~いと言いながら、うちに急いで帰ります。

うっ!大きい!!
すでに5㎝は超えています。
でも、傷んでなかった~。

いかなご体長

さぁ、イカナゴのくぎ煮を作ります。
うちのレシピは母から受け継いだものです。
イカナゴ1kgに対して、濃口しょうゆ250㏄、ザラメ(砂糖)250g、みりん100cc、酒50cc、土ショウガの千切り85g

水が冷たいのを我慢して、手早くイカナゴを洗います。
お鍋に土ショウガの千切り以外の入れ、強火で沸騰させます。

煮汁

沸騰したら、イカナゴを1/4ほど入れ、また沸騰させます。
今度は沸騰しているところにいかなごをばらまくように入れていきます。

沸騰  いかなご煮

これを繰り返して、すべてのイカナゴを入れたら、土ショウガの千切りを一気に入れます。

しょうが

もう一度沸騰させ、その後は弱火にして、煮汁がほんの少しになるまで、煮詰めます。
煮詰める間、焦げ付かないように、時々鍋かえしをします。
この時、お箸を使うとくずれてしまって固まりになってしまうので、お箸は使っちゃ、ダメですよ。
弱火で炊くのは、やわらかくするためです。
中火で炊くと固めになります。

完成

普通なら1時間ぐらいで煮汁がほとんどなくなるのですが、今回は弱火にしすぎた上、くぎ煮用の広口のお鍋を出すのが面倒くさくて、そこらへんにあったお鍋を使ったのが失敗だったようで、煮汁がなくなるまで3時間ぐらいかかってしまいました(T_T)

イカナゴのくぎ煮

煮汁がほとんどなくなったら、お皿に広げて、うちわで一気に冷まします。

うちは早く冷ますために、寒~いと言いながら、窓を開け、窓ぎわに置きます。
その状態でうちわであおぎ、一気に冷まします。

完成です。
ちょっとつまみ食いwww
おいしく出来ました(*^-^*)

あとは、親戚やお友達に配る分をバックにします。

パック詰

うちの分はすぐに食べる分だけ冷蔵し、残りは小分けにして冷凍します。
冷凍したくぎ煮は冷蔵庫で自然解凍すると、おいしく食べれます。

これで春の行事が1つ終了です(^_-)-☆

-グルメ, モヤモヤっとする話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お年玉付き年賀はがきの賞品紹介。

今回も次回に引き続き、年賀状のお話です。 お年玉付年賀はがきの賞品について調べてみた。 1950年代 初めてのお年玉付年賀状の商品は、特賞がミシンでした。     50年代は、ミシンと箪笥が多く、憧れ …

紅まどんな_箱

愛媛のおみかん 紅まどんな

ピンポーンと玄関のチャイムが鳴ったので、慌てて出ていくと、贈り物が届きました。 愛媛の母の知り合いの方で、いつもこの季節になるとビールを送ってくださる方からでした。 ビールだ!(*^^*)と思ったので …

全国のお雑煮

さて、前にお餅の話をしたので、いろいろなお雑煮の話をしましょー! と、その前にお正月の意味を知っておいて、損はないかな…。 そちらの説明も合わせて、紹介します。 歳神様 「年神様(歳神様)」とは、お正 …

貴船 川床 ふじや

京都 貴船の川床(かわどこ)「ふじや」さんに行ってきました。①

涼を求めて、京都貴船の川床へ行ってきました。 川床の歴史 京都にて川床が始まったのは、安土桃山時代から江戸時代にかけてだそうです。 鴨川を初め、貴船、高尾と避暑を求めて、料理店や茶屋が川の上や、屋外で …

岩手県平泉を観光した後は、前沢牛!ってことで、「味心」さんで食べてきましたぁ~。

岩手県の平泉を観光した後に、前沢牛を食べてきました! 平泉駅の隣の駅にあたる前沢駅から、歩いて10分ぐらいのところにあります。 牛匠おがた 味心   東北道の前沢ICを下りて、10分かからな …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!