グルメ 外食

鹿児島の郷土料理で有名な「吾愛人(わかな)」に行ってきました。

投稿日:


鹿児島の郷土料理が食べたくて、調べまくった結果、「吾愛人(わかな)」に行ってきました。

吾愛人(わかな)

吾愛人 店構え

とても、普通には読めない店名ですが、ちゃんとした由来がありまする。

鹿児島の南に位置する奄美大島の方言で、「愛人」(かな)とは、「愛しい人」「大切な人」という意味があるそうです。とてもじゃないけど、方言じゃないと読めない…。
まっ、普通に読んでも「あいじん」と読むわけですから、いい意味でも悪い意味でも、そのままですな…。

「吾愛人」は愛する人に接するが如く、お客様に最高のおもてなしを提供したい。という先代の願いがこもった店名でもあります。

吾愛人 店内

お店に入ると、こちらに来られた芸能人の方の名前がズラリ…。
待ち時間があったのですが、これをじっくり見るだけでも、価値がありました。

そうこうしていると、カウンターならすぐに案内できますけど…と言われ、別に気にしなかったので、すぐに席につきました。

きびなごのお刺身

吾愛人 きびなごの刺身

まずは、きびなごのお刺身です。
にゃかにゃか、お目にかかれるものではないので、ちょこっと感動でした。
お味は、あっさりしていて、ぷりぷり感が楽しめました。

地鶏のお刺身

吾愛人 地鶏の刺身

地鶏のお刺身は、噛み応えがあって、しっかり鶏の味がしましたね。
ちょっと、甘めのお醤油が特徴です。

かつおのたたき

吾愛人 かつおのたたき

ちょっと、わかりにくいですが、かつおのたたきです。
高知で食べる感じとは、少し違ったかな…。

さつま揚げ

吾愛人 さつま揚げ

鹿児島と言えば、さつま揚げ!と言っても過言ではありません。
甘い感じのテンプラです。

黒豚とんこつ

吾愛人 黒豚とんこつ

豚の角煮のようなものでした。
脂身が少なく、食べやすかったです。

地鶏の石焼

吾愛人 地鶏の石焼

お刺身と違って、焼くと甘みが増しますね。

さんまのお刺身

吾愛人 さんまの刺身

ちょうど、季節だったので、さんまのお刺身を…。
ちゃんと、鼻先が黄色です。

黒豚しゃぶしゃぶ

吾愛人 黒豚しゃぶ

待ってました!
黒豚のしゃぶしゃぶです。少し脂身が多かったのですが、脂身嫌いなあっしでも食べることができました。

きびなご天ぷら

吾愛人 きびなご天ぷら

アツアツで、旨かったです。
できれば、もっと食べたかった!

後は、ご飯とさつま汁とデザートでした。

しっかり、鹿児島フードを食べつくした感じです。

-グルメ, 外食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

若桃

若桃の缶詰

「サタデープラス」で、缶詰の特集をしていてました。 その中で、若桃の缶詰が紹介されていて、めちゃめちゃ美味しそうで、食べたくなりました。 若桃とは、若いうちに取った桃の実のことです。 桃も他のフルーツ …

井村屋あずきバーでかき氷を作ってみました①

売り切れ続出の「おかしなかき氷あずきバー」を、やっと手に入れました。 7月初め ぷりん「あのカチカチに硬いの井村屋のあずきバーをフワフワかき氷にできる商品が売ってるのをみた!」 らんと「何、それ?」 …

どろ焼

姫路の「えきそば」と「喃風」のどろ焼

姫路で有名なB級グルメを食してきました。 えきそばの歴史 戦後、できるだけ手間もかけずに麺類を販売しようと考えたのですが、当時小麦粉は、規制がキビしく、手に入りにくかった為、「こんにゃく」に目をつけま …

貴船 川床 ふじや

京都 貴船の川床(かわどこ)「ふじや」さんに行ってきました。②

では、続きになります。 お部屋 入ってきた階段を上がり、まっすぐの廊下を奥まで歩いて、お部屋へ。 ちゃんと、道路に沿った中庭も綺麗にしてあります。 お部屋は、こんな感じです。 お部屋から、元居た場所が …

キノコのおくずかけ

宮城県白石市の有名な「うーめん」を食べてきました。

素麺でもない、うどんでもない、「うーめん」! まずは、軽くどんなものか説明しておきましょー! 温麺(うーめん) うーめんとは、素麺の一種です。 宮城県白石市で生産される特産品です。白石温麺とも呼ばれて …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!