お出かけ 台湾

台北での滞在はキャピタルホテルタイペイ(首都大飯店)

投稿日:


桃園空港から台北市内のホテルまで送迎サービスでドライブです。
同じツアーのとっても楽しい親子4人組と、ガイドさんの案内を聞きながら、初めての台湾にワイワイ大騒ぎ。
よくよく話を聞いてみると、娘さんはエイターさんで、チケットは取れなかったけど、どうせ台湾に来るなら関ジャニ∞のコンサートがある時に来たい!と言うことで、この時期になったとのこと。
この親子さんたちはテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイに宿泊と聞いたので、隣のリージェント台北に、関ジャニ∞が泊っていることを教えてあげると、なぜかお母さんが大喜びでしたwww

まずは、テル・ロイヤル・ニッコー・タイペイへ。
ここで時間が少しあったので、一人で、リージェント台北を見に行くことに。
もう玄関から格式が違います。
恐れ多くて、中には入ることは出来ず、逃げるように戻ってきてしまいました(^_^;)

外観

キャピタルホテルに到着!
一応、車寄せもあり、ヨーロッパ調の優雅な感じです。

空港で聞いた話では、チェックインは15時で、まだ部屋には入れないとのことだったのですが、まだ12時前なのに、ガイドさんが交渉してくれて、チェックインOKで部屋に入れることになりました~。
めちゃめちゃ嬉しい~(*^▽^*)
九份観光のタクシーのお迎えの時間が14時だったので、それまでどうするか、悩む必要がなくなった~!

と言うことで、部屋に。

部屋1

部屋2

思っていた以上に広い!

バスタブ

トイレ

バスタブとシャワーが別々になってる!
ホテルのお風呂って洗い場がないからちょっと苦手な私にはめっちゃ嬉しい!
でも、これならゆっくり入れる~(*^^)v
ただ・・・私がお風呂に入ってる間は、蘭斗はトイレも洗面も使えないか・・・
まぁ、我慢してもらうしかないなwww

洗面所

洗面所もボールは1つしかないけど、広くて、2人でも問題なく使えます。

クローゼット

クローゼットも広め。
もちろん、暗証番号式の金庫もあります。

部屋は8階だったので、眺めも最高です。
う~ん、気持ちいい~(*^▽^*)
ホテルを選ぶ時に、前に高架道路が走っているのでうるさいかな~と思ってたのですが、それも問題なし。

景色1

松山空港方面です。

景色2

中山方面です。
この先に、リージェント台北があるかと思うと、いつまでも見ていれますwww

景色3

高架道路と交差している道路がMRTが地下に走っている道路です。
ここからなら、中山区にも台北アリーナにも歩いていけます。

バルコニー

バルコニーの足元を見ると・・・
ん!?なんか白い小鉢のようなものがある!

アッシュトレイ

灰皿です!!!
喫煙家には一番うれしいことですwww

朝食

朝食はバイキング形式です。
パンの他には、おかゆや牛肉麺やシリアルもありました。
おかずも洋食系、和食(台湾食!?)系と種類もあり、フルーツやデザートもありました。
一番うれしかったのは、目玉焼きがあったこと。
目の前で焼いてくれていました。
あまり美味しくないと口コミにあったのですが、全然そんなことはなかったです。
ただ、台湾食独特の香辛料が強かったので、3日目には日本食が恋しくなりました・・・((+_+))

いろいろホテルも検索しましたが・・・ここにしてよかった~!っていうのが、一番の感想です。
部屋も広いし、なんと言っても、バルコニーからの景色がとってもいいです。
空も広々と見れて、気分爽快です。
夜もネオンがきれいで、いつまでも見飽きることがなかったです。
また台北に来ることがあった時も絶対ここにしよ!と、固く誓った2人でした~(^_-)-☆

H.I.S.

-お出かけ, 台湾

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

和歌山 観光 那智の滝から和歌山城へ

和歌山プチ旅行の後半戦です。 後半は、《那智の滝→潮岬→和歌山城→帰宅》です。 那智の滝 新宮市から、那智の滝までは、20キロ弱なので、あっという間に到着です。ですが、朝ご飯を食べてないので、腹ペコで …

逃げろ2

レゴランド ミニランド編

レゴランドの中にあるミニランドは、レゴブロックを1049万6352個を使って名所の街並みを再現しています。 その中の一部を紹介します。 まずはいつもお世話になっているナゴヤドームです。 ボタンを押すと …

27_絵葉書

エコな九份めぐりをしてきました②

九份の観光のメインである豎崎路に入っていきます。 ただいま、17時45分。 九份に着いたのが、17時だったので、もう45分も歩いてました~。 この時間では、まだまだ人も少なく、階段を自由に行き来できま …

絵葉書

エコな九份めぐりをしてきました①

十分の天燈上げと滝を楽しんだので、次は猫村である猴硐(ホウトン)村と思っていたのですが、運転手さんに「猴硐(ホウトン)に行っていたら、九份の夕暮れに間に合わないかもしれないですが、どうしますか?」と言 …

天燈上げ

十分で天燈上げ体験!願いを叶えてる最中に電車が…

さて、念願の十分での天燈(ランタン)上げ! その前に軽く天燈上げの説明を…。 台湾の旧暦で言う「元宵節」を祝うための行事が由来のようです。 もっと、昔になると盗賊を避けて、山に逃れた村民に安全をしらせ …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!