お出かけ 台湾

九份で花文字を書いてもらいました。その後、商店街を満喫!

投稿日:


さて、今回のお土産の目的でもある花文字を書いてもらいました。

花文字

花文字

花文字とは、中国で1000年以上前に誕生した開運アイテムのひとつで、風水の意味をもつ漢字を花、魚、鳥、蝶などの絵を書きながら表現していきます。

正しくは「花鳥字畫(ファーニャオズーファー)」と言うそうです。

自分の好きな文字をオーダーして、描いてもらう花文字は、芸術性にも高いもので中国の伝統芸術の一つにもなっています。
花文字を構成している絵は、「吉祥絵」と呼ばれ、それぞれに意味を持っています。縁起もので描かれた花文字は、幸せを呼ぶとも言われています。

騰龍閣書廊

09_騰龍閣書廊

お店は、こんな感じです。

花文字

そして、文字をオーダーすると、すぐに描いてくれます。
平べったり絵筆で、インスピレーションだけを頼りに描いていきます。

花文字

こちらは、逆向きではありますが、「和子」と書いてあります。
なんとなく、言われるとわかるのでは?

花文字

こちらは、「来福」と描いてもらいました。
ぷりんは、大喜びでした。

商店街

落花生

お茶を飲んだ時に食べた黒いお豆さんが売っていました。
いろいろ、試食をさせてもらい、結局お土産として買ったものは、落花生でした。

28_基山街

そうして、ガイドさんに言われるがままに進んでいくと、「有名な草餅を食べますか?」とガイドさんに言われ、「はいっ!!」と即答でした。

阿蘭草仔粿(アーランツォズーグオ)

阿蘭

阿蘭(アーラン)さんは、創業1950年から続く老舗のお店です。
草仔果(草餅)が、有名で九份で一番人気のお菓子屋さんと言っても、過言ではありません。

実は、ガイドさんに言われた時は、そんなことも全く知らず、最近知った話でした。(;^_^A

阿蘭草餅

そして、種類が4種類あるなかでどれにしますか?とガイドさん!

①普通のあんこ
②芋
③切干大根とエビ
④高菜

普通のあんこは、なんとなく味がわかるので、つまらないし、芋も想像がつく!高菜は、辛いと食べれないので、最終的に決まったのが、切干大根とエビでした。
日本では、多分ない商品だし、試しにそれを選んでみました。

阿蘭草餅

見た目は、こんな感じ!作り立てで、とても柔らかかったです。
なんか、普通だなぁ~とガブリ!!

阿蘭草餅

中には、ぎっしり具が詰まってます。
おもちは、ネットリとしていて、生麩みたいな感じです。ですが、しっかりと歯にくっついてくれました。取るのが大変!!
具に関しては、香辛料がきいているのかな?と思いきや、香辛料の味は全くなく、旨かったです。
日本の切干大根より固めで、食べ応えがありました。

阿蘭草餅

お店の中には、大量の具材が…。
1個を半分こしたのですが、結構お腹が膨れました。

ごみ収集車

そして、あの細い路地をごみ収集車が、走ってました。
ここを車が通るのか…と、びっくりでした。

そうして、商店街を満喫し、九份を後にしたのでした。



-お出かけ, 台湾

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キティちゃん

台湾ともお別れ…台北桃園空港から関西空港へ。

とうとう、台湾を後にすることになりました。 台北桃園空港 キャピタルホテルからは、お迎えのバスにて空港へ。 この大型バスに乗車したのは、数名でした。なんだか、申し訳なかったです。 道路の上を横断してい …

ハリポタ車

USJハリーポッターの世界を初体験

USJに行くなら、絶対行ってみたかった「ウィンザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」に行ってきました。 まずは昼の魔法界から。 雨が降っていたので、ちょっと暗いのですが、それがまたよかったりも …

千歳空港 夜

大雪の札幌の関ジャニ’s エイターテインメントに行ってきました⑤

またまたまた前回の続きです。 18時 タイムリミットです。 とうとう欠航のアナウンスが流れました。 泣きそうになりながら、トボトボとトイレへ。 トイレから出てくると、またアナウンスが流れています。 途 …

小田原城の冬桜イルミネーション

先日、小田原のかまぼこ屋さんに行った後、小田原城のイルミネーションを見てきました。 小田原城 小田原城とは… 15世紀頃、北条市の本拠地であったお城である。 上杉謙信や武田信玄の進行をも退けた難攻不落 …

すなば珈琲1

ガッカリ観光名所の候補地もどきだけど、それは昔の話…。

前回は、ガッカリ観光名所を紹介しましたが、まだまだあります。 これから紹介するのは、ガッカリ三大観光名所には入らなかったが、可能性がある観光名所を紹介します。 守礼門(那覇市) 守礼門は、沖縄県那覇市 …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!