お出かけ

日本で唯一の飛び地の村 和歌山県北山村の筏下りに行ってきました②

投稿日:2018年6月4日 更新日:


筏下りが終わって、観光センターに帰ってきました。
う~ん、楽しかった~(*^-^*)

筏師_表

筏下りにもちろん、めちゃめちゃ満足したのですが、それ以上にもうおなかがペコペコです。
余韻に浸る暇もなく、お昼ごはんにすることになりましたwww

観光センターの横には、おくとろ温泉「やまのやど」という施設があり、そこには、レストランと温泉と宿泊施設があります。

やまのやど

ここのレストランの「熊野牛」が有名ということで、もう気持ちも口もすっかり牛です。
なのに、メニューが変わってしまったみたいで、バイキングのみになっていました(:_;)
どうしよう?
近くにお店があるような雰囲気もない。
いまさらお店を探す気力もなくて、バイキングで我慢することにしました。
きっと牛もあるだろうと期待を持ちながら、お店に入りました。
ところが、牛は一切なし(:_;)
蘭斗も私も・・・
とにかく全種類挑戦することで自分を納得させましたwww

家庭料理のようなかんじで、郷土料理的なものもなかったのですが、味はどれも満足。
ちょっと濃いめで疲れた体にはもってこい。
美味しかったです。
一番のおススメはカツの玉子とじ。
あったかいごはんに乗せると、カツ丼になります。
ちょっと変わっていたのは、カレーライスでなく、ハヤシライスだったこと。
う~ん・・・普通はカレーライスだよね~と言いつつ、ハヤシライスも食べてみると、トマト味がしっかりしててこれも美味しかったです。

ご飯の後は、もちろん温泉。

温泉

貸し切り状態です。

温泉から

露天風呂からは北山川も見えます。
と言っても、お風呂に漬かりながらという贅沢は無理で、背伸びをしたらどうにか見えるかなと言うかんじ(^_^;)
でも、緑の中で入るお風呂は、本当に気持ちがよかったです。

さて、北山村も堪能したことだし、帰るかということに。
そこでどのみちを通って帰るかが問題になります。
あのくねくね道をもう一度通る勇気はなく、新宮市のほうに出るか、尾鷲市のほうに出るかの二択になりました。
新宮市に出る道は1車線しかなく、片側はガードレールもない崖。
すれ違うには退避場所で譲りあうしかないと言う道が延々と続くとのこと。
尾鷲市に出るほうが近いしという事で、尾鷲市に向かいます。
・・・失敗。
こちらも片道1車線の道が続きます。
最悪だったのは、曲がりくねったトンネルまで1車線。
運よく対向車が来なかったのでよかったのですが、もしあのトンネルで対向車が来ていたらと思うと・・・
もう2度と通る気にはなりません((+_+))
来た道を戻るのが一番よかった・・・

-お出かけ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

太宰府駅

太宰府天満宮で知恵を授かりました

太宰府天満宮に行ってきました。 ずっと昔に行ったことがあったかもしれないのですが、記憶にない・・・ なら、行くっきゃない!と言うことなので、連れて行ってもらいました。 太宰府天満宮とは、天神さま(菅原 …

松島観光 松島海岸駅 福浦寺 五大堂

松島観光編①です。 松島海岸駅 日本三景松島観光の玄関口である松島海岸駅は、観光地である松島の最寄駅でありながら、エレベーターやエスカレーターが2017年現在でも設置されておらず、また開業当初に建てら …

旗

新名神の新しいSA 宝塚北SAの紹介

この前は行き方を紹介したので、今回は宝塚北SAを紹介します。 ちょっとよくあるSAと違って、おしゃれになっています。 「宝塚モダン」がコンセプトになっているそうです。 中に入ると・・・ 広々とした通路 …

和歌山 観光 那智の滝から和歌山城へ

和歌山プチ旅行の後半戦です。 後半は、《那智の滝→潮岬→和歌山城→帰宅》です。 那智の滝 新宮市から、那智の滝までは、20キロ弱なので、あっという間に到着です。ですが、朝ご飯を食べてないので、腹ペコで …

激流

北山村の筏下りに挑戦 1

さてさて、今回のメインイベント! 筏下りです。 筏下りの歴史   前回で北山村のぉ話は、したと思います。 なので、そこは省いて…。 良質の杉に恵まれた北山はかつて林業で大いに栄えてました。 紀の国=木 …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!