お話

日本昔話 桃太郎②

投稿日:2018年1月30日 更新日:


前回の続きになります。

いったい、どこへ向かうのか?!

桃太郎②

それから、数週間…いつまでたっても、鬼からの返事がありません。

「おぃっ!ライオン、今度はお前だ!!行ってこい!!」

ライオンは、しぶしぶ鬼が城へ向かいました。

ですが、案の定、どれだけ待ってもライオンも戻らなければ、返事もありません。

「一体、何しとるんゃ!猫、次はお前ゃ!!」

結局、誰一人として、桃太郎の元へは戻ってきませんでした。

「あーーーー!!おらが行くしかないんか…。」

そして、やっとの思いで鬼ヶ島へ上陸することが出来ました。

「チーター、ライオン、猫、どこ行った?」

桃太郎は、3匹を探しました。

 その時、猫を発見!ですが、その姿は…。桃太郎にとっては、有り得ない光景でした。

なんと、猫は、鬼の膝?の上で気持ちよさそうに寝ているではありませんかっ!
桃太郎は、怒り心頭!猫に駆け寄ります!

「おぃっ!猫!!おまえ、何しとんねん!!」

「おゃおゃ、桃太郎さん。どうしたにゃ?」

「どうしたじゃねぇ!!!なんで、返事を持って帰ってこんねん!」

「そりゃ、そうにゃ。こっちの方が居心地がいいにゃ…。」

「チーターもライオンも帰ってこん!あいつらは、どうしてんねん!!」

「あの方々も桃太郎さんといるより、こっちの方が待遇がいいからこっちにいるにゃ。」

「待遇なんかより、今まで一緒に戦ってきた仲やろが!」

「桃太郎さん…残念ながら、猫科の生き物は、人につくんじゃにゃく、家につくので、居心地のいい方になびくにゃ~。」

「そうなのか…。失敗した!お供は、犬にするべきだったのか…。」

「もう、いいにゃ?吾輩は、眠いにゃ。おやすみにゃさぃ~。」

「ムキィーーーーーー!!」

バシッ!!

怒り狂った桃太郎は、つい猫に手が出てしまいました。
それを見ていた鬼の親分は、桃太郎以上に激怒しました。

「お猫様に手をあげるなんて、不届き旋盤!お前なぞ、この狭き洞穴で一生暮らしていけばよい!」

桃太郎は、鬼が城の地下の洞穴で外に出る事の出来ず、静かに暮らすハメとなりました。

「結構、この暮らしもぇぇか…。3食昼寝付き!まぁ~、こーゆーのも有りゃな…。」

とあくまで、前向きな桃太郎でありました。

ちゃんちゃん

人生前向きに物事を考えないとね。

 

-お話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三匹のこぶた

イギリスの昔話 三匹のこぶた?

久々に昔話シリーズです。 イギリスの昔話「三匹のこぶた」を紹介したいと思います。 ウォルトディズニーがアニメ映画化したお話の方が、マイルドになり、長男坊と次男坊は食べられずにすみました。ホントのお話は …

日本昔話 おむすびころりん?

引き続き、お話シリーズです。(ぷりんにウケ続ける限り、頑張る!) 今回は、おむすびころりんのお話です。 もし、贅沢なねずみ?だったら・・・のお話です。 ここから先は、夢がこわれてしまうかもしれませんの …

日本昔話 桃太郎①

引き続き、お話シリーズです。 今回は、日本昔話の王道「桃太郎」です。 ここから先は、夢が壊れるとかの話じゃなく、別の話と思ってもらった方がいいかもしれない…です。 桃太郎 昔々、あるところにお爺さんと …

イソップ童話について…金の斧銀の斧?…

さて、今回は、イソップ童話の紹介です。 イソップ童話 イソップ童話は、古代ギリシャの奴隷だったイソップが主人に話したお話を記録した物語だと言われています。イソップは、主人にその才を認められて、後に奴隷 …

アンデルセン童話について…親指姫?…

さて、今回は、ぷりんがお話を書いていたので、あっしはアンデルセン童話について調べてみた。 アンデルセン童話 アンデルセン童話とは、デンマークの小説家アンデルセンが、子供の心を豊かに育むために純粋な童話 …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!