グルメ 外食

徳川美術館内にある「宝善亭」にて、信長御膳なるものを食してきました。②

投稿日:


それでは、続きになります。

食前酒 先付

信長御膳のお料理

食前酒は、赤ぶどう酒です。
当時から、飲まれていたそうです。
先付は、変わったものが多いです。
アユの内臓やらアユの卵を塩漬けしたものやら、タコなんだけど、いぼを取り、皮をむいてあったため、タコと認識しにくかったり…。腐敗防止のために、そうしてるらしいが…。
後、ナマコの内臓を塩漬けしたものやら…。
冷蔵庫がなかった時代なので、腐敗防止対策がいろいろされているようです。
アワビもありました。古くから、貝の王様と賞味され、不老長寿の縁起物とされていたそうです。

椀物

宝善亭のメニュー

当時、最上級の魚は鯉と言われており、鯉に勝る魚はない!とまで考えられていました。
全く、泥臭さがなく、あっさりしていました。

お造り

宝善亭のメニュー

鱸(すずき)のお造りです。

宝善亭のメニュー

たて酢というもので、食べました。
お酢というだけあって、少しすっぱさは、ありましたが、すっきりしたタレでした。

煮物

宝善亭のメニュー

茄子のつぼつぼと言うそうです。
大きめの茄子をくり抜いて、中に鶏の挽肉を詰め、茄子の身でふたをしたものです。
当時は鴫(しぎ)の肉を用いていたそうです。

鴫(しぎ)?
調べてみると、クチバシが長く、貝、カニ、ゴカイなどを食べている渡り鳥で、海、干潟、川に住み、日本では渡りの途中の春と秋にみられる鳥だそうです。

鴫(しぎ)

こんなのらしい…。

焼物

宝善亭のメニュー

まずは、鱒(マス)の塩焼きと生麩に鴨です。
鱒(マス)は、見た目は鮭ですが、食べてみると、鮭よりあっさりしています。
生麩は、お味噌が塗ってありました。もちろん、八丁味噌?!
そして、鴨も柔らかくて、旨い!こちらは、鴫(しぎ)の代用らしいです。

最後に、焼味噌というもので、味噌に葱・生姜を合わせて焼いたもので、信長の大好物だったそうです。

食事

宝善亭のメニュー

宇治丸と言います。
当時は、ウナギを丸のまま焼いて、醤油と酒を合わせたタレをつけたものだったそうです。
この頃から、醤油の使用が始まったんだって。こちらは、開いて焼いて、炊いたものです。
そして、お出汁でお茶漬けに…。名古屋だけに、ひつまぶしのようでした。
香の物も、瓜を味噌漬けにしたもので、せっかちだった信長は、ご飯にお湯をかけ、焼味噌などと一緒に食べたそうです。

甘味

宝善亭のメニュー

羊皮餅(ようひもち)というお饅頭のようなものでした。
お餅のようなものの上に、金箔が…。
なんと、贅沢なっ!!
こちらは、製法、形状などがわかっておらず、信長のイメージに合わせて、作ったものだそうです。

宝善亭のメニュー

中は、こしあんでした。
やっぱりの甘いものは、外せませんな…。

ぃゃぁ~、とても、凝ったお料理で、感動もさせてもらって、至福のひと時でした。

-グルメ, 外食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

たこ焼き

最強のたこ焼き まさかのカレーにスイーツ?!

大阪のソウルフードと言っても過言ではない「たこ焼き」! 色々な「たこ焼き」を発見したので紹介したいと思います。 焼きたて屋 焼きたて屋さんは、長野県に本部があるたこ焼き・たい焼きのお店です。 こちらは …

おせち

京都祇園料亭「岩元」監修のおせち

毎年、叔母の家に年始の挨拶に行くと、おせちと茶碗蒸しを用意してくれているのですが、今年はおせちを取ってみた~とのこと。 どんなおせちか期待していくと、京都祇園料亭「岩元」監修の「極」六段重72品目! …

貴船 川床 ふじや

京都 貴船の川床(かわどこ)「ふじや」さんに行ってきました。①

涼を求めて、京都貴船の川床へ行ってきました。 川床の歴史 京都にて川床が始まったのは、安土桃山時代から江戸時代にかけてだそうです。 鴨川を初め、貴船、高尾と避暑を求めて、料理店や茶屋が川の上や、屋外で …

欣葉(シンイエ)

老舗台湾料理店 欣葉(シンイエ)で晩御飯!

老舗台湾料理店のひとつ「欣葉(シンイエ)」は、本場台湾で味わう台湾料理店です。 台湾家庭料理を元に高級食材をメインにせず、普段作ることができない手の込んだ美味しい台湾家庭料理を食せるレストランです。 …

蜂蜜コーヒー

蜂蜜コーヒーがあるなら蜂蜜コーヒー酒があってもいいのでは?①

リバース 以前、藤原竜也さん主演のドラマ「リバース」が放送されていましたが、その中で主人公の藤原竜也さんが、コーヒー好きで、いきつけのコーヒーショップで、蜂蜜コーヒーを飲んでるのを見て、コーヒーに蜂蜜 …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!