お出かけ

岩洞湖でワカサギ釣りにチャレンジした。

投稿日:2018年2月18日 更新日:

この前、岩手県に行ってきました。
その時に、ワカサギ釣りをしてきました。

ワカサギ釣り

盛岡から岩洞湖へ

盛岡駅から、岩洞湖へは、ほぼほぼ1本道です。

岩洞湖への道

岩洞湖への道

35キロぐらいで45分ぐらいです。途中に山道があったりしますが、信号がほとんどなく、ゆったりと走れます。さすがに、雪がそれなりに残ってはいます。ですが、ちゃんと除雪されていて、対向一車線は、普通にあります。ただ、寒いので凍結だけは、要注意!!天気が良くて、快適に見えても、さすがに気温が低いので、いきなり、つるっ!というのが、ちらほらありました。

横を見ると、いつの間にか、しっかり雪国!

岩洞湖への道

盛岡市内では、ほとんど雪がなかったのに比べ、あっという間に雪だらけの風景に変わってしまってました。

岩洞湖レストハウス

そして、無事に到着です。

岩洞湖レストハウス

レストハウスに、着替えられる場所はなく、車で着替えるか、先に厚着をしていくかしかありません。
あっしは、車で着替えるのは、大変そうだと思ったので、最初から厚着をしていきました。
岩洞湖は、本州で一番寒い場所と言われているらしく、-47℃になったこともあるとか…。
できるだけ寒くない恰好と言えば、スキーウエア!車では暑いかと思ったけど、そちらを選択し、着ぶくれしまくって向かいました。

いざっ!釣り場へ

レンタル

レンタル釣り竿セットやら、テントを借りて、出陣です。
ですが、その日は、めちゃくちゃ風が強く、テントを立てるのは大変だょ!と言われて、悩んだんですが、あっしは穴をあけてみたかったので、強行しました。

ただ、ホントにキビしかった。そんな時に、お手伝いしてくださる方が…。その人に言われるがままに、テントを立て、やっとこすっとこ、設置できました。ホントに、強風で、普通に立っているもの辛いぐらいの風でした。

テント

やっと、釣り

テントを立てる前にワカサギを釣る穴をあけるんですが、それが思ったより大変でした。

穴

テントが黄色なので、どうしても黄色くなってしまいました。

エサ5つ

とても、小さな針にエサを5つ付けて、垂らします。

釣り

後は、上下に上げ下げして、食いつくのを待つだけです。

結局、2時間ぐらい上下に揺らし続けて、なんのヒットもなく、終わってしまいました。
とにかく、寒くて、テントの中でも底冷えして、耐えられなくなって、終了しました。

ワカサギの天ぷら

こちらのレストハウスでは、釣り上げたワカサギは、無料で天ぷらにしてもらえるのですが、収穫のなかったあっしには、縁がなく、天ぷらの持ち帰りをしていたので、それを持って帰ろうと思い、お願いすると、そこでレンタルをされた方は、無料で1パックいただけるようなので、ありがたく頂きました。

ワカサギ天ぷら

これが、めちゃくちゃ旨かった!!これなら、いくらでもいけそうです。
たまたま、レストハウスで食事をされてた方が、「その辺のスーパーなんかと比べ物にならない!」と言っていたのが、よくわかりました。

とにかく、寒かったくせに釣れなくて、散々だったけど、そのワカサギの天ぷらだけは、すごく価値がありました。

その日の岩洞湖の気温

岩洞湖の気温

ー9℃でしたぁ~。

-お出かけ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

プラスワン

茨木のドッグラン

 いつも行っていた能勢の「クロスガーデン」が閉園してしまったので、前から気になっていた茨木にある「ぷらすわん」というドッグランに行ってきました。 ここは、大中小の3つのドッグランがあり、天然芝になって …

十分瀑布

台湾のナイアガラ 十分瀑布で自然を満喫!

さて、天燈上げを堪能した後は、台湾のナイアガラと言われている「十分瀑布」へ。 天燈上げをした場所から、歩いてもいけるらしく、20分ぐらいだそうです。 途中、レンタルチャリみたいなのもあったりと、滝に向 …

和歌山 観光 高野山から那智の滝へ

近場でプチ旅行に行ってきましたぁ~。 今回の日程は、大阪出発して、《高野山→谷瀬のつり橋→新宮市→那智の滝→潮岬→和歌山城→帰宅》ってな感じで和歌山をぐるりと回ってきました。前半は、新宮市までのお話で …

グランドホテル台北

食事の後は、台北市内を少しドライブ

美味しい台湾料理でおなかいっぱいになった後、タクシーに乗ると、「台湾で一番有名なホテルに行ってみますか?」と言われました。 もっちろん、「はい!} と言うことで連れていってもらったのは、「グランドホテ …

九份で花文字を書いてもらいました。その後、商店街を満喫!

さて、今回のお土産の目的でもある花文字を書いてもらいました。 花文字 花文字とは、中国で1000年以上前に誕生した開運アイテムのひとつで、風水の意味をもつ漢字を花、魚、鳥、蝶などの絵を書きながら表現し …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!