お出かけ

岐阜県 長良川の鵜飼いを見てきました。

投稿日:


長良川と言えば、鵜飼!と言っても過言ではないぐらいの有名観光業です。
その鵜飼を見に行ってきました。

鵜飼

鵜飼い・鵜飼・鵜養(うかい)とは、鵜(う)を操って、川の魚を獲る漁法の一つです。
鵜飼漁をする人を鵜使い又は、鵜匠(うしょう)と呼び、長良川の鵜飼では、現在6名の鵜匠が活躍しています。
鵜匠は、誰もが就ける職業ではなく、鵜匠家に生まれた男性しか就けない「世襲」になっています。
先代の父が引退すると、息子がその跡を継ぎ、代々受け継がれていきます。 

鵜

鵜は、カツオドリ目ウ科の水鳥の総称です。
長良川の鵜飼では、カワウよりも体が大きくて、丈夫なウミウを使っています。
野生のウミウを捕獲し、各鵜匠の家に届けられています。

鵜は、人に懐くので扱いやすく、視力が優れています。
なので、鵜が視界に捉えると魚は一瞬で捕まり、咥えられ死んでしまいます。
一瞬で死んでしまうので、とても鮮度がいいと言われています。

鵜飼
 

長良川の鵜飼いは、小船を用いて、1人の鵜匠が5羽から10羽程度の鵜を一度に操っています。
漁期は、春頃から秋ぐらいまでで、鮎漁の解禁日にあわせて漁が始まることが多いようです。

小船の舳先で焚かれるかがり火が、照明の役割を果たすだけでなく、鮎を驚かせ、動きが活発になった鮎のうろこの反射を利用して、鵜が捕らえます。
鵜ののどには紐が巻かれており、鮎の大きさによって、完全に飲み込むことができず、鵜匠はそれを吐き出させて漁獲としています。
紐の巻き加減によって漁獲する鮎の大きさを決め、それより小さい鮎は、鵜のお腹の足しになります。

狩り下り

今回は、残念ながら岐阜豪雨の後日だった為、船が出ないということで、川岸からの観覧となりました。
最初は、一艘一艘個別に鵜を使い、鮎を捕らえていきます。

鵜飼

鵜飼

鵜飼

やはり、川岸からだと遠目になってしまうので、残念ながら、迫力ある写真とはならず、ちょっと残念!
鮎を捕らえたところも、はっきりとは見えず、鵜から取り出すとこも全く見えませんでした。

総がらみ

そして、終盤です。

「総がらみ」と言って、先ほどは、一艘ずつ順番に「狩り下り」をしていた鵜舟がズラリと整列。川幅いっぱいに横一列に並んでいきます。

総がらみ

「総がらみ」は、このように鵜舟が隊列を組んで一緒に魚を追い込みながらする漁法です。
隊列を組んで、浅瀬まで、魚を一斉に追い込んでいきます。

総がらみ

そして、最後は川岸に停泊してくれました。
そこで、鵜たちのお仕事は、終わりです。

鵜 帰宅

鵜 帰宅

そして、かごの中に入れられ、帰路につきます。

ちょっと、物足りなかったので、今度こそは観覧船で見てみたいと思いました。

 

-お出かけ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PVボード

関空に大阪観光シンボルキャラクター「関ジャニ∞」のPVボードを見に行ってきました

4月3日に大阪や関西の魅力を国内外に幅広く発信するための大阪観光シンボルキャラクターに関ジャニ∞が起用されました。 初仕事は何かな~と思っていたところ、関西国際空港にWELCOMEボードが設置されたと …

ワカサギ天ぷら

岩洞湖でワカサギ釣りにチャレンジした。

この前、岩手県に行ってきました。 その時に、ワカサギ釣りをしてきました。 盛岡から岩洞湖へ 盛岡駅から、岩洞湖へは、ほぼほぼ1本道です。 35キロぐらいで45分ぐらいです。途中に山道があったりしますが …

虹見の滝の橋

鬼怒川の日光国立公園 龍王峡に行ってきました。

今回いろいろ日光鬼怒川を紹介しましたが、最後のメインイベントです。 あっしは、ここに行きたくて、今回いろんなとこに行ってきました。 龍王峡の中の虹見の滝!!やっと、行けたぁーーー! と、その前に… 龍 …

東照宮 入り口

日光東照宮 陽明門が完成!①

やっと、日光東照宮の陽明門が平成の大改修で完成した!との話を聞いたので、行ってきました。 日光東照宮 日本を代表する世界遺産「日光の社寺」。 その中でもっとも有名な「日光東照宮」は徳川初代将軍・徳川家 …

岐阜城からの夜景

金華山ロープウェーで岐阜城に登って、夜景を見てきました。

老舗旅館 十八楼から近くにある岐阜城と金華山(きんかざん)のナイトロープウェーへ行ってきました。 岐阜城 金華山山頂にあり、岩山の上にそびえる岐阜城は、難攻不落の城としても知られいます。 『美濃を制す …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!