舞台

劇団四季のキャッツ①

投稿日:2017年10月11日 更新日:


蘭斗と劇団四季の『キャッツ』の大阪公演を見に行ってきました。

『キャッツ』は、ノーベル賞作家であるT・S・エリオットによる詩集「キャッツ – ポッサムおじさんの猫とつき合う法」を元にしたミュージカルです。
1983年に東京新宿で初演されました。
その時の仮設劇場であるキャッツ・シアターはテントの形をしていました。
大阪でももちろん上演されており、大阪ビジネスパークにキャッツのテントがありました。とっても印象的だったので、よく覚えています。

ストーリー

満月が輝く夜の都会のゴミ捨て場が舞台です。
年に一度開かれる純粋なジェリクルキャッツを選ぶ特別な舞踏会「ジェリクル舞踏会」に参加するためにたくさんの猫たちが集まってきます。その猫たちのお話です。
「ジェリクルキャッツ」とは、人間に飼い馴らされることを拒否して、逆境に負けずしたたかに生き抜き、自らの人生を謳歌する強靭な思想と無限の個性、行動力を持つ猫のことです。

※ここからはネタバレになりますので、ご注意くださいませ※

シアター

ロビーからすでに『キャッツ』の世界です。

ハロウィン

もうすぐハロウィンということで、ハロウィンバージョンのキャッツがありました(*^^*)

劇場の中は都会のゴミ捨て場そのもの。
猫の目線なので、ゴミも大きいwww
とにかくキョロキョロ。いろんなゴミを探します。
大阪ということで、阪神タイガースのマグカップがあったり、だるまの串カツがあったり・・・
ゴミを見ているだけで楽しくなり、蘭斗と一緒にゴミ探しをしていました。
私のお気に入りは、スティックのりの「プリット」
蘭斗のお気に入りは、赤の三角コーンですwww

一部

開演時間になり、場内が暗くなると、猫の目がそこら中で光り、音楽の中に猫の鳴き声が聞こえます。
『キャッツ』の始まりです。
通路から、壁の一部から猫たちが出てきます。
その後も横を見ると、猫が立っていたりして驚かされます。
今回は席がとてもよかったので、演者さんたちの顔の表情もよく見えます。
演者さんたちに見つめられて、どこを見ていいのか、わからなかったこともありました(”Д”)
歌もダンスももちろん素晴らしいのですが、タップダンスは圧巻でした。

私がお気に入りのスティックのりの「プリット」は、今回は猫のおもちゃにはなりませんでした(T_T)
今回のおもちゃは、「串カツ」でしたwww
こんなところにも猫の気まぐれを表してるのかな~!と思ってるうちに、前半終了。

劇団四季 CATS
https://www.shiki.jp/applause/cats/

-舞台

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

泥棒役者 サンケイホール

舞台『泥棒役者』 大阪公演5日目 レポ

丸山隆平さんの舞台『泥棒役者』を観に行ってきました。 場所はおなじみのサンケイホールブリーゼ。 お昼の部だったので、早めに出かけ、こちらもおなじみのコーヒーショップで大好きなフレンチトーストを食べて、 …

劇団四季キャッツ

劇団四季のキャッツ②

蘭斗との『キャッツ』の続きです。 ※ここからはネタバレになりますので、ご注意くださいませ※ 休憩 休憩時間の間に舞台に上がることが出来ます。 舞台の床の角度や滑り具合を見たり・・・へぇ~、こうなってる …

プレイヤー

藤原竜也さん、仲村トオルさん出演 プレイヤー

藤原竜也さん、仲村トオルさん出演、森ノ宮ピロティホールにて「プレイヤー」を見に行ってきました。 ※ここからはネタバレになりますので、ご注意くださいませ※ プレイヤーのあらすじ 亡くなった脚本家の未完成 …

SONG&DANCEフラッグ

劇団四季の『SONG & DANCE 65』を観劇してきました

いつもの劇団四季の作品とは少し違ういろいろな歌とダンスで構成するショー「SONG & DANCE 65」を見に行ってきました。 「SONG & DANCE」は、 1999年「ミュージカルの花束」 20 …

no image

劇団四季の「リトルマーメイド」大阪公演

劇団四季が大阪で「リトルマーメイド」を公演しだして、もう半年以上。 やっと見に行くことができました。 今回も販売初日の10時から友達にがんばってもらい、前から3列目をGet。 ただ、3月末という遠い先 …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!