グルメ スィーツ

モロゾフのパンプキンプリンと期間限定プリン

投稿日:2017年10月28日 更新日:


先越された…。ぷりんも話題にした、モロゾフのパンプキンプリン!
その話をもう少し掘り下げて、書きたいと思います。

モロゾフ

  

「モロゾフ株式会社は」、兵庫県神戸市東灘区に本社を置く洋菓子メーカーです。バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣を始めた会社のひとつでもあります。

そして、プリン!こちらは、ガラスの器(1973年までは陶器であった)に入っていて高級品として知られています。食べ終わった後の空き瓶がガラスコップの代用品として再利用される事も多く、かく言ううちも、コップというか、グラスもどきとして、使ってます。

そして、「関西人の家庭には必ずモロゾフのプリンの容器がある」として探偵!ナイトスクープでネタとして取り上げられたりもしました。ちなみに、昔、試験的に一時プラスチック製の容器に変更したことがあったそうですが、売り上げが落ちたため、ガラス製容器に戻したなんて話もあったそうな。

パンプキンプリン

  

北海道産えびすかぼちゃのベースに、じっくりと焼き上げられたパンプキンプリン!濃厚なかぼちゃの味わいが特徴のプリンです。
かぼちゃの甘みが、キャラメルの甘みと重なって、これが旨い!かぼちゃをあまり好きではない人でも、食べれると思います。

モンブランプリン

高千穂ひのかげ地区の山で育った大粒で優しい甘みのある栗を使用。その栗使ったマロンクリームをモロゾフ人気のカスタードプリンの上にたっぷりと絞ったプリンです。栗のほのかな甘みがプリンと合う!

京の贅沢抹茶プリン

京都宇治抹茶を使用して、宇治抹茶の濃い香りとまろやかな苦味がベースとなっていて、その上に、北海道産十勝あずき、練乳ソースと三層になっています。さらに別添のもなかを割って入れれば、最高の調和が生み出されます。
あっしは、割って入れずにプリンをのせて食べました。このもなかが、めちゃくちゃ旨かった!!

こだわりカラメルのカスタードプリン

  

55周年記念で作られた、ちょっと、贅沢カスタードプリン!

 

さらに別添の焦がしキャラメリゼをふりかければ、プリンの表面をキャラメリゼしたかのようなプリンに早変わり!
あっしは、混ぜるのかな?と思って、ぐりぐりしちゃったけど、それでも所々パリパリしたキャラメルを実感できました。

ですが、残念なことに、ご紹介した4つとも期間限定でハロウィンの時期だけです。10月31日までの販売となってます。

今年は、あっしはもう手に入らないので、また来年!

 

 

-グルメ, スィーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

もつ鍋

博多もつ鍋に挑戦

生まれて初めてもつ鍋を食べてきました。 一度食べてみたいとは思っていたのですが、焼き肉のホルモンが苦手で(食べれてもミノぐらい)、食べに行って無理~ってなったらと思って、今まで挑戦したことがなかったん …

果実酒 レモン酒を作ってみたが…

こないだ、ぷりんのうちで一緒にレモン酒を作ってみた。 レモン酒 まずは、材料です。    いろいろ、レシピはあるようですが、レモンがたっぷりと氷砂糖とリキュールです。 レモンは、こないだ道の駅で大量に …

宝善亭のメニュー

徳川美術館内にある「宝善亭」にて、信長御膳なるものを食してきました。②

それでは、続きになります。 食前酒 先付 食前酒は、赤ぶどう酒です。 当時から、飲まれていたそうです。 先付は、変わったものが多いです。 アユの内臓やらアユの卵を塩漬けしたものやら、タコなんだけど、い …

小田原のかまぼこ屋さん「鈴廣」

以前、小田原に行った時にトミカのかまぼこを見かけて、その時に買わなかったことを後悔していた。それじゃぁ~、今回は年末だし、お正月に美味しい伊達巻も食べたい!てなことで、小田原のかまぼこ屋さん「鈴廣」に …

おせち

京都祇園料亭「岩元」監修のおせち

毎年、叔母の家に年始の挨拶に行くと、おせちと茶碗蒸しを用意してくれているのですが、今年はおせちを取ってみた~とのこと。 どんなおせちか期待していくと、京都祇園料亭「岩元」監修の「極」六段重72品目! …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!