お話

日本昔話 桃太郎①

投稿日:2018年1月25日 更新日:


引き続き、お話シリーズです。

今回は、日本昔話の王道「桃太郎」です。

ここから先は、夢が壊れるとかの話じゃなく、別の話と思ってもらった方がいいかもしれない…です。

桃太郎

昔々、あるところにお爺さんとお婆さんがおりました。

 

川から流れてきた、大きな桃から生まれた男の子に「桃太郎」と名付け、大事に育てました。
大きく成長した桃太郎は、離れ小島に住む鬼ヶ島へ鬼退治に行くことになりました。

「めんどくせぇ~!なんで、おらが…。」と桃太郎は、愚痴を言いつつも、お婆さんからもらったお弁当をリュックに入れ、出掛けて行きました。

そして、だらだらと歩いていると…

「もしもし、お腰に付けたきび団子、1つ私にくださいな。」と猫がやってきました。

「残念!きび団子は、持っとらん。でも、お弁当の中にサバの味噌煮があるんで、それで、どゃ?!」ネコなら、爪が武器になる…。

 

「もしもし、お腰に付けたきび団子、1つ私にくださいな。」とライオンがやってきました。

「残念!きび団子は、持っとらん。でも、お弁当の中に焼き肉があるんで、それで、どゃ?!」 ライオンなら、爪と牙が武器になる…。

 

「もしもし、お腰に付けたきび団子、1つ私にくださいな。」とチーターがやってきました。

「残念!きび団子は、持っとらん。でも、お弁当の中にローストビーフがあるんで、それで、どゃ?!」 チーターなら、爪と牙と足が武器になる…。

 

こうして、桃太郎は、ネコ科の家来を連れて、鬼ヶ島へ上陸しました。

そして、月日は流れ…
鬼たちの抵抗が、想像以上に激しかった為、すでに半年が経とうとしていた。

「仕方がない…。
このままでは、月日が過ぎ去るだけゃ!なんとかせねば…。」

桃太郎は、この状況を打破する為に、闇夜に紛れて、奇襲を実行!
だが、鬼には闇夜は、得意分野!見事に玉砕してしまいました。

そして、1年が過ぎ…

「闇討ちがダメなら、不意打ちゃ!」

桃太郎は、闇討ちに続き、不意打ちを仕掛けました。
ですが、鬼は計画をしっかり立てて、交代制で城を守っておりました。

そして、2年が過ぎ…

「今度は、騙し討ちじゃぁーーー!!」

闇討ち、不意打ち、騙し討ちとありとあらゆる卑怯な戦法を実践しましたが、鬼には勝てません。

その上、猫は一日寝てる。ライオンの雄は、何もしない。チーターは、持久力がない。と家来たちも役には立ちません。

「このままでは、ただ、鬼ヶ島に移住しただけになってまう!生活費も苦しくなってきた。鬼たちが隠し持っている金銀財宝を確保せねば…。」

桃太郎は、焦っていました。
いろいろ策を練りましたが、鬼に勝てる算段が思いつきません。

「仕方ない!鬼と和解する振りをして、気が緩んだところで… クックックッ…」

桃太郎は、チーターに書状を持たせ、鬼に届けてくれるよう命令しました。

続く・・・

ちょっと、長めになってしまったので、続きは次回で…。

-お話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グリム童話について…オオカミと七匹の子ヤギ?…

さて、今回は、グリム童話の紹介です。 グリム童話   グリム童話は、日本でいう民話のように、ドイツで昔から語り継がれていた話を童話としてグリム兄弟が編集して、約250編を収めた童話集です。 グリム兄弟 …

北風と太陽

昔話 いろいろ

またまた、お話シリーズです。 ぷりんに前のお話は、長すぎる!と怒られたので、今回は、ちょーショート話になります。 なので、いろんなお話が出てくるかと…。 ここからは、お話というより、夢のない小話になり …

アンデルセン童話について…親指姫?…

さて、今回は、ぷりんがお話を書いていたので、あっしはアンデルセン童話について調べてみた。 アンデルセン童話 アンデルセン童話とは、デンマークの小説家アンデルセンが、子供の心を豊かに育むために純粋な童話 …

日本昔話について…サルカニ合戦?…

今までは、異国のお話ばっかりだったので、今回は、日本昔話を紹介します。  日本昔話 昔話とは、昔の人たちが代々世々伝承してきた、語り物としてのおとぎ話のことである。 「むかし」という確かではない時や「 …

三匹のこぶた

イギリスの昔話 三匹のこぶた?

久々に昔話シリーズです。 イギリスの昔話「三匹のこぶた」を紹介したいと思います。 ウォルトディズニーがアニメ映画化したお話の方が、マイルドになり、長男坊と次男坊は食べられずにすみました。ホントのお話は …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!