モヤモヤっとする話

東の角餅、西の丸餅

投稿日:


お正月前に別宅の栃木に来て、お餅が平べったく大きな板みたいなのが販売されていて、びっくりした!

「なんだこれ?!」と聞いてみると、東日本では、角餅で30cm角ぐらいの板を切って、食べるそうな。ちょっとしたカルチャーショックでした。

お餅

「餅」という言葉の語源には、いろんな説があります。

「望月」から由来しているという説

望月(もちづき)とは、満月のこと。満月のような円の形は円満の象徴と考えられていました。
望月からとって「もち」と発音したりするようになったのではないかという説。

中国・台湾語「モアチイ」語源説

中国の福建省や江南地方や台湾では餅のことを「モアチイ」と発音する。
餅が、日本に渡来する際、「モシアイがモチに転化した」という説。

「持ち歩くご飯」説

餅は、小さくて腐りにくいので昔は弁当としても重宝されていた。
「持ち歩くご飯」という意味で「もち」と呼ばれるようになったという説。

いろんな説があるようです。

角餅

東日本では、四角い餅が使われます。

 

四角い餅は。のし餅とも呼ばれ「敵をのす(倒す)」と縁起を担いで作られたとも言われています。
また、江戸は人口も多かった為、手早く大量に作れる大きなのし餅を切り分ける角餅文化が広がりました。

丸餅

西日本は丸い小餅を食べることが多いようです。

 

そもそも、雑煮発祥の地、京都では餅をついて一つ一つ手で丸める丸餅を用いていたようです。

境界線

では、角餅と丸餅の境界線は、どこ?
ってな疑問が生まれた。調べてみると、関ヶ原の境目ぐらいが、ちょうど分かれ目のようです。

こちらの地図だと、黄色と緑の境目ぐらいかな?

もちろん、地域によっても例外があり、東日本が全て角餅!西日本が丸餅!と決まっているわけではなく、山形県庄内地方、酒田市、鶴岡市は、どうやら丸餅のようです。関西では、鳥取、高知、宮崎は、角餅のようです。

では、今度は、お雑煮のお話をしますね。

 

-モヤモヤっとする話

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

株主優待 人気のお食事処

最近の銀行の利子には、とっても悲しいものがある。なんで、ちょっとの投資で利子よりもいいものを手に入れようと調べてみた。 やっぱり、株主優待はいいものが多いなぁ~。なので、優待の紹介をしてみよっかな。 …

tax

ふるさと納税

友達からふるさと納税をやってみた!って報告が来ました。 ニュースでふるさと納税で「ノドグロ」が大人気!!とやっていたのを見て、どうもふるさと納税に挑戦したみたい。 えっ!ふるさと納税で「ノドグロ」が手 …

音符

世界で一番長い曲って何分?

車を運転する時、音楽をかけています。 ラジオ派の人も多いと思うのですが、私はお気に入りの音楽派です。 ただ、いくらお気に入りの音楽と言っても飽きてしまうこともあり、その時はラジオを聴いたりするのですが …

株主優待 一日コース!優待で遊びまくろう!!

昨日に引き続き、株主優待の情報を紹介しま~す。 駐車場に車を止めて、モーニングコーヒー!まずはレジャーで体を動かし、買い出し後、腹ごしらえをして、カラオケへ! 優待券の有効活用! 飲食 スターバックス …

全国のお雑煮

さて、前にお餅の話をしたので、いろいろなお雑煮の話をしましょー! と、その前にお正月の意味を知っておいて、損はないかな…。 そちらの説明も合わせて、紹介します。 歳神様 「年神様(歳神様)」とは、お正 …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!