お出かけ

渦の道と大塚国際美術館

投稿日:2017年5月26日 更新日:


蘭斗との日帰り旅行の続きです。

渦の道

苦しい・・・じゃなくて、おなか一杯の幸せの中、次の目的地の「渦の道」に向かいました~。

鳴門大橋

大潮に合わせて、行くつもりだったのが、のんびりと雛鳥を堪能していたため、鳴門公園第1駐車場に着いたときには既に1時間の遅刻。

ここから「渦の道」までは約5分。駐車場を背に右の陸橋を渡って、エディの前の道を左に下っていくと、入口があり、やっと着いた~と思ったら、まだ先が・・・

渦の真上のところまで、本当に海の上に作られた道(橋)を歩かなきゃいけない。
が、蘭斗は高所恐怖症。

ひゃー!ひゃー!騒ぐ中、所々にあるガラスの床を避けて、今度こそ、やっと着いた~。

うずしお

初めて見たうずしおに蘭斗は感激。

でも、私は・・・あれっ!?こんな小っちゃかったかな~?昔、来た時は、もっと迫力があったような・・・そう言えば、あの時は、うずしお汽船に乗ったんだ!それも、大潮の時間に合わせて。
そりゃあ、迫力が違って、当たり前でした(笑)

その後、駐車場の前のおみやげ屋さんで、あれやこれやと買いまくる蘭斗と私。やっぱり、これも旅の醍醐味(笑)

大鳴門橋遊歩道 渦の道
鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65(鳴門公園内)
TEL:088-683-6262

大塚国際美術館

やっと今回の旅行の目的地である「大塚国際美術館」に。

えっ!駐車場が遠すぎ!こんなの歩けるわけがない(泣) と思ったら、もちろん送迎バスがありました。

あと閉館時間まで3時間もない(汗)

とは言え、最初は一枚一枚、絵の目の前まで行って、ゆっくり堪能しながら、二人で勝手な解説をして楽しんでたのですが、B3Fを見終わったころには疲れてしまって、早速、お茶タイム(笑)

クリームソーダ

B2Fにある「カフェ・ド・ジヴェルニー」で、季節限定メニューのクリームソーダ“印象 日の出”を。これも今回の旅行の目的の1つ。

とってもきれい!と、感動したのもつかの間・・・まだまだおなか一杯の幸せの私たちには、ゼリーの多さに参ってしまったのでした。

その後、とにかく時間が足りなくて、有名な絵だけを見るという駆け足の大塚美術館になってしまいました。

さすが、日本一高い入場料の美術館。広い!絵の数が半端ない!全然時間が足りない(泣)

今度は大塚美術館だけを目的に来る!と固く心に誓いました。あと、「怖い絵」ツアーにも絶対参加しなきゃ。

大塚国際美術館
徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
TEL:088-687-3737

-お出かけ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

途中からの虹見の橋

鬼怒川温泉 龍王峡の虹見の滝の橋に行ってきました。

  こないだの続きになりますが、今回は、虹見橋の紹介です。 虹見の滝 こちらは、向かう途中で見えた虹見橋です。 虹見橋までの道のり たかが、300mなんですが、遠く感じましたぁ~。 それなり …

プラスワン

茨木のドッグラン

 いつも行っていた能勢の「クロスガーデン」が閉園してしまったので、前から気になっていた茨木にある「ぷらすわん」というドッグランに行ってきました。 ここは、大中小の3つのドッグランがあり、天然芝になって …

和歌山城

和歌山城の御橋廊下を殿様気分で渡ってきました

和歌山城は、以前、紹介したように、徳川御三家の一つ紀州藩紀州徳川家の居城です。 紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長が築城の名人、藤堂高虎(とうどうたかとら)に築城させた平山城です。 天守閣は、戦前、国宝 …

BOSSCHA

観光タクシーのガイドさんに連れてってもらったタピオカミルクティー 絶品です!!

最初にガイドの人から、タピオカミルクティーの美味しいお店に行きますか?と言われ、あっしは、( ,,`・ω・´)ンンン?タピオカミルクティー??? 飲んだことは、なかったけど名前だけは…と考えていると、 …

けんらくどおり

北新地 お水汲み祭り

ぷりん「久々に北新地に来ました~」 らんと「あっしなんて、何十年ぶりゃろ…。」 (以下、ぷりん=ぷ、らんと=らとします。) ぷ「どっか、昔と変わったとこある?」 ら「あんま、わからんけど、 …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!