お出かけ

巨大迷路 鬼怒川温泉にある「巨大迷路パラディアム」に行ってきました。

投稿日:2018年6月24日 更新日:


数十年前に流行った頃に行ったっきりだった迷路に久々に行ってきました。

歩き回って、疲れちゃいました…。

巨大迷路パラディアム

迷路券売場

パラディアムとは「遊歩」という意味があるそうです。
迷路内に4つのチェックポイントがあり、そこでスタンプを押し、タイムを競います。
迷路内の塀の高さは約2mあり、高台になっている階段も利用し、上から進むルートを決め、チェックポイントを目指します。
途中は、全て勘頼りになるので、歩く!歩く!

トイレ

迷路トイレ

迷路に入る前にトイレには、行っておく方がいいですね。
ですが、あまりきれいなトイレではないので、こちらに着く前に行っておくことをお勧めします。

チケット売り場

迷路チケット売り場

こちらで、お金を払うと入場券が貰えます。
それを握りしめて、迷路に向かいます。
ロッカーもありますので、荷物が多い場合は、そちらに預けた方がいいと思います。

迷路入り口

迷路入り口

いざ!迷路の入り口です。
最初に貰った入場券をタイムカードで印字します。

チェックポイント

チェックポイント き

チェックポイントの「き」です。

チェックポイント ぬ

チェックポイントの「ぬ」です。

チェックポイント が

チェックポイントの「が」です。

チェックポイント わ

チェックポイントの「わ」です。

回り方のコツ

こちらの迷路は、チェックポイントが「き・ぬ・が・わ」と地名になっていて、やはりその順番通りに回るのが速く迷路を脱出する基本だそうです。

あっしは、「き」は、無事に最初に行ったのですが、次が何故か先に「が」を行ってしまい、その後、「ぬ・わ」と回りました。

クリアの平均タイムは、40~50分だそうです。
25分以内にクリアすると、サービスでジュースが貰えます。
もちろん、途中でリタイヤすることもできる扉があります。
夏場だと熱中症になる前にリタイヤも有り!かな…。

チェックポイントの高台

 

チェックポイントからの景色

チェックポイントからも見下ろすことが出来ます。

途中、高台の階段があり、チェックポイントまでの道のりを確認するんですが、にゃかにゃか大変!その高台の階段の下が、どうなっているかが、はっきりしない為、普通にどこでも行ける!と思っていると、片側にしか行けなかったりと、一度通った時に階段の下の構造を記憶しておけると楽なのかもしれません。

迷路 行き止まり

もちろん、普通に行き止まりもあります。
この行き止まりが曲者で、これを見ると、げんなりしました。

出口

迷路 出口

やっと、何とか出口にたどり着けました。
途中、最後の「わ」でズルをした感もありますが…。
管理人さんが、あっしらが最後だったので、確認の為、迷路内を回っていて、ちょうど出口に向かうとこだったので、ついついついて行ってしまいました。

で、とりあえず、JUST40分で出ることが出来ました。

でも、管理人さんに会ってなければ、もそっと遅かったかも…。

ちょっと、楽しかったので涼しい時期にまた行ってみたいです。

 

-お出かけ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

激流

北山村の筏下りに挑戦 1

さてさて、今回のメインイベント! 筏下りです。 筏下りの歴史   前回で北山村のぉ話は、したと思います。 なので、そこは省いて…。 良質の杉に恵まれた北山はかつて林業で大いに栄えてました。 紀の国=木 …

ハリポタ車

USJハリーポッターの世界を初体験

USJに行くなら、絶対行ってみたかった「ウィンザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」に行ってきました。 まずは昼の魔法界から。 雨が降っていたので、ちょっと暗いのですが、それがまたよかったりも …

はちやのバームクーヘン 鬼怒川終着駅 ロープウェイもあるょ。

いくつかのテレビにも取り上げられた、はちやのバウムクーヘンを紹介します。 はちやのバウムクーヘン 栃木県日光市鬼怒川温泉駅の目の前にあるバウムクーヘンの専門店です。 地元日光の「地たまご」、北関東の「 …

グランドホテル台北

食事の後は、台北市内を少しドライブ

美味しい台湾料理でおなかいっぱいになった後、タクシーに乗ると、「台湾で一番有名なホテルに行ってみますか?」と言われました。 もっちろん、「はい!} と言うことで連れていってもらったのは、「グランドホテ …

幻のさば「金華さば」 食べる価値あり!

金華さばの紹介前にちょっと面白い場所に行ってきた。 中州? 松島から石巻に向かっている途中で、釣りをしている人を見かけた。でも、その場所が、ちょっと珍しいとこで、中州の突端で釣りをしていて、ついつい行 …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!