お出かけ

巨大迷路 鬼怒川温泉にある「巨大迷路パラディアム」に行ってきました。

投稿日:2018年6月24日 更新日:


数十年前に流行った頃に行ったっきりだった迷路に久々に行ってきました。

歩き回って、疲れちゃいました…。

巨大迷路パラディアム

迷路券売場

パラディアムとは「遊歩」という意味があるそうです。
迷路内に4つのチェックポイントがあり、そこでスタンプを押し、タイムを競います。
迷路内の塀の高さは約2mあり、高台になっている階段も利用し、上から進むルートを決め、チェックポイントを目指します。
途中は、全て勘頼りになるので、歩く!歩く!

トイレ

迷路トイレ

迷路に入る前にトイレには、行っておく方がいいですね。
ですが、あまりきれいなトイレではないので、こちらに着く前に行っておくことをお勧めします。

チケット売り場

迷路チケット売り場

こちらで、お金を払うと入場券が貰えます。
それを握りしめて、迷路に向かいます。
ロッカーもありますので、荷物が多い場合は、そちらに預けた方がいいと思います。

迷路入り口

迷路入り口

いざ!迷路の入り口です。
最初に貰った入場券をタイムカードで印字します。

チェックポイント

チェックポイント き

チェックポイントの「き」です。

チェックポイント ぬ

チェックポイントの「ぬ」です。

チェックポイント が

チェックポイントの「が」です。

チェックポイント わ

チェックポイントの「わ」です。

回り方のコツ

こちらの迷路は、チェックポイントが「き・ぬ・が・わ」と地名になっていて、やはりその順番通りに回るのが速く迷路を脱出する基本だそうです。

あっしは、「き」は、無事に最初に行ったのですが、次が何故か先に「が」を行ってしまい、その後、「ぬ・わ」と回りました。

クリアの平均タイムは、40~50分だそうです。
25分以内にクリアすると、サービスでジュースが貰えます。
もちろん、途中でリタイヤすることもできる扉があります。
夏場だと熱中症になる前にリタイヤも有り!かな…。

チェックポイントの高台

 

チェックポイントからの景色

チェックポイントからも見下ろすことが出来ます。

途中、高台の階段があり、チェックポイントまでの道のりを確認するんですが、にゃかにゃか大変!その高台の階段の下が、どうなっているかが、はっきりしない為、普通にどこでも行ける!と思っていると、片側にしか行けなかったりと、一度通った時に階段の下の構造を記憶しておけると楽なのかもしれません。

迷路 行き止まり

もちろん、普通に行き止まりもあります。
この行き止まりが曲者で、これを見ると、げんなりしました。

出口

迷路 出口

やっと、何とか出口にたどり着けました。
途中、最後の「わ」でズルをした感もありますが…。
管理人さんが、あっしらが最後だったので、確認の為、迷路内を回っていて、ちょうど出口に向かうとこだったので、ついついついて行ってしまいました。

で、とりあえず、JUST40分で出ることが出来ました。

でも、管理人さんに会ってなければ、もそっと遅かったかも…。

ちょっと、楽しかったので涼しい時期にまた行ってみたいです。

 

-お出かけ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お骨佛さま

お墓参り

母のお墓参りに行ってきました。お墓と言っても、母は一心寺に納骨したので、ちゃんとしたお墓があるわけではないんですが・・・ 一心寺 一心寺は大阪府大阪市天王寺区にある浄土宗のお寺さんです。納骨したお骨で …

メニュー

「大阪ロマネスク」のPV撮影地めぐり(渋谷すばる編)

関ジャニ∞の「大阪ロマネスク」のPV撮影地めぐりをした~いと思っていて、調べてみると、渋谷すばるさんのロケ地である堺市の古民家Cafe「Flower」が8月の関ジャニ∞「GR8EST」の大阪公演の間、 …

日本三景の一つ!松島四大観の大高森に行ってきました。

日本三景 まず、日本三景のお話から…。     広島の安芸の宮島、京都の天橋立、仙台の松島!とこの3つが日本三景と言われています。 宮島と松島は、牡蠣が有名で、冬の物ですが、天橋立だけが夏の岩牡蠣が有 …

徳川美術館

名古屋にある徳川美術館で家康の遺品と対面

徳川園で自然を満喫したので、ちょっと涼みながら、徳川美術館を回ることにしました。 徳川園の龍門の滝の上の入出口である黒門口を出ると、すぐに「ガーデンレストラン 徳川園」があります。 こちらは徳川園を眺 …

マンゴーかき氷

マンゴーかき氷で有名な冰讃(ピンザン)でマンゴーたらふく満喫!

ぷりんの友達と一緒にぉ友達絶対お勧めのマンゴーかき氷を食べに行ってきました。 MRT(都市鉄道) ぷりんが念願の地下鉄に乗って行くことになりました。 軽く説明をしておくと、台北市内には、台湾の地下鉄・ …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!