お出かけ

はちやのバームクーヘン 鬼怒川終着駅 ロープウェイもあるょ。

投稿日:2018年7月1日 更新日:


いくつかのテレビにも取り上げられた、はちやのバウムクーヘンを紹介します。

はちやのバウムクーヘン

はちや店構え

栃木県日光市鬼怒川温泉駅の目の前にあるバウムクーヘンの専門店です。
地元日光の「地たまご」、北関東の「小麦」、幻のバターと言われる「カルピス(株)バター」を使い、一層一層丁寧に焼き上げたバウムクーヘンを販売しています。

はちやガラスウィンドー

近くまでくると、甘い香りが…。
大きなバウムクーヘンが、所狭しと並べられております。

店内

はちやバームクーヘン焼き器

店内に入ると、バウムクーヘンを焼く機械があります。
使い込まれてる感が、ハンパない!ですが、残念ながら、焼いてるとこは見れませんでした。

バウムクーヘン

はちやバームクーヘン

店内には、試食もたくさんあり、いろいろ食べられます。

はちやロックバウム

こちらで有名なのが、ろっくバウムです。
外側は、カリッ!中は、もっちりと食感が楽しめます。

はちやバウムいちご

そして、こちらが栃木県で有名なとちおとめを使ったいちごのバウムクーヘンです。

はちやソフト

はちやソフト

そのとちおとめのソフトクリームです。

はちやソフトクリーム

いちごの味が、しっかりしてて、旨かったです。

八家レストラン

はちやレストラン八家

お店の2階にレストランがあります。
こちらのお店も日光で有名なゆば、まいたけ、HIMITSU豚、お味噌等、地の物を使って、いろんな料理があります。

ゆば丼

ゆばが、特に有名でゆば丼にチャレンジ!
ゆば自体には、味があまりなかったんですが、出汁が旨かった。

他にもいろいろうどん、そば、ラーメン、もちろん刺身もあります。
豚さんも、かつ丼、生姜焼き、カツカレー等もあり、いろいろ味わえると思います。

鬼怒川温泉ロープウェイ

鬼怒川温泉ロープウェイ 乗り口

鬼怒川温泉ロープウェイは、標高差300mを3分半で一気に昇ります。
山頂には、おサルの山があり、数十匹のおサルが遊んでいます。
もちろん、展望台もあり、目の前に広がる那須高原山系の雄大な山並と、丸山山頂から見下ろす鬼怒川の渓谷美は、見るものを圧倒するほどの絶景です。
あっしは、天気が悪かったので、乗りませんでしたけど…。

鬼怒川公園駅

鬼怒川公園駅

こちら駅です。
ここから、路線が変わるのかな?

鬼怒川駅終点

電車止めがあります。こちらの電車は、今どきの電車ですね。

鬼怒川公園駅出発駅

こっちは…
普通の電車です。ここから、会津の方まで行けるようです。

鬼怒川公園駅前 看板

道路の看板もいろいろな方面に行けるようですね。
仙台まで241kmになってます。この道を進んでいけば行けるのかな?
ただ、下道だと、何時間かかることやら…。

ゆばアイス

ゆばアイス

お土産屋さんで見かけたので、食べてみた。
こちらは、ちょっとハズしたな…。ゆばは、デザートになりにくい…。

地図

地図

少しだけ、案内図みたいなのをのせておきます。

観光地とあって、見るとこは沢山あります。
それなりに密集しているので、いろいろ見るには楽チンでした。

 

-お出かけ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

途中からの虹見の橋

鬼怒川温泉 龍王峡の虹見の滝の橋に行ってきました。

  こないだの続きになりますが、今回は、虹見橋の紹介です。 虹見の滝 こちらは、向かう途中で見えた虹見橋です。 虹見橋までの道のり たかが、300mなんですが、遠く感じましたぁ~。 それなり …

月

大雪の札幌の関ジャニ’s エイターテインメントに行ってきました③

また前回の続きです。 ホテルで少しゆっくりして、コンサートに向かいました。 またあの吹雪の中を出て行かなければいかないといけないかと思うと気持ちが萎えます(*_*) でも、このために遭難しそうになりな …

激流

北山村の筏下りに挑戦 1

さてさて、今回のメインイベント! 筏下りです。 筏下りの歴史   前回で北山村のぉ話は、したと思います。 なので、そこは省いて…。 良質の杉に恵まれた北山はかつて林業で大いに栄えてました。 紀の国=木 …

にゃんこ

とりっくあーとぴあ日光に行ってきました。

鬼怒川温泉にある、トリックアートの美術館に行ってきました。 ホントは、那須とりっくあーとぴあの裏側見学ツアーに行きたかったんですが、何故か気付くと日光のトリックアートの方へ…。 でも、それなりには楽し …

十分瀑布

台湾のナイアガラ 十分瀑布で自然を満喫!

さて、天燈上げを堪能した後は、台湾のナイアガラと言われている「十分瀑布」へ。 天燈上げをした場所から、歩いてもいけるらしく、20分ぐらいだそうです。 途中、レンタルチャリみたいなのもあったりと、滝に向 …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!