お出かけ

西山動物園にはレッサーパンダ以外もいるよ

投稿日:


西山動物園のレッサーパンダ以外の動物たちを紹介します。

西山動物園

入口です。
しかし、この入口に向かって後ろ側にも動物たちがいてますので、そちらから。

タンチョウヅル_オス

タンチョウヅルです。
ちょっと日本庭園風になっていて、風情がありましたよ。
この子はオスのようで、メスは隣のゲージでゆったりしてました~。

フランソワルトン

フランソワルトンです。
オナガザル科のおさるさんで、こちらもタンチョウヅルと同じく絶滅危惧種だそうです。
赤ちゃんは茶色のですが、大人になると黒くなるそうで、よくよく見ても顔がはっきり見えませんでした( ;∀;)

シロテテナガザル

シロテテナガザルです。
この子たちは朝から夕方までずっと鳴いていました。
もう芝生広場からでも聞こえるぐらい・・・
正直、うるさかったです(^_^;)

シロテテナガザル_赤ちゃん

シロテテナガザルの赤ちゃんです。
お母さんのおなかで抱っこされていたのですが、出てきてくれました。
でも、5分もしないうちに、お母さんに連れ戻されて、また抱っこされてましたwww

後ろ側の動物はこれぐらいです。
では、ゲートをくぐって・・・

インドクジャク

インドクジャク_2

インドクジャクです。
ちょうど羽を広げてくれてました。
羽を広げているクジャクを見るのは、久々なので、テンションアップしちゃいましたwww
クジャクのオスは、春先から初夏にかけて、求愛行動のために羽を広げます。
その後、7月から8月になると、求愛の時期が終わり、羽が抜け落ちてしまい、また2月から3月に生えそろいます。

キンケイ

キンケイです。
和歌山城動物園にもいてました。
和歌山城動物園の子はとてもきれいに見えたのですが、この子は巣でジッとしていたので、あまりきれいには見れませんでした(:_;)

コサンケイ

コサンケイです。
つがいでずっと一緒にいて、仲良しさんです。

リスザルのさんぽみち

入口の正面に「リスザルさんのさんぼみち」が頭上にあります。
ここをリスザルが通るので、とても近くで見れます。

リスザルのさんぽみちのリスザル

ただし、下を歩くときはフンが落ちてくることがあるので、要注意です!

ボリビアリスザル

西山動物園にいるリスザルは、ボリビアリスザルという種類です。
赤ちゃんもいてましたし、ちっともじっとしていないので、飽きずに見ることが出来ますよ。

これで終わりです・・・
この後はレッサーパンダのオンパレードです。

レッサーパンダベンチ

ペンチまでレッサーパンダですwww

レッサーパンダのホームタウン

レッサーパンダの詳しい紹介は、次回に(蘭斗、よろしく~!)

最後に私のお気に入りのレッサーパンダを少し紹介しときます。

ぬいぐるみ

うちの家にあるぬいぐるみ、ソックリです!

口空いてるレッサーパンダ

爆睡中なのか、お口が開いてます。

怖いアイドル

コワすぎる・・・アイドルです・・・

小さな動物園ですが、近くで見れますし、ちょっとした工夫がされているので、楽しく見学出来ました(^O^)/

-お出かけ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

03_昭靈廟

九份にあるお寺「霞海城隍廟(昭靈廟)」

九份に着いて、最初に霞海城隍廟(昭靈廟)をお参りしてきました。 まずはこのお寺の簡単な説明から・・・ このお寺は、1923年、少年が金採掘仲間と泥で神の像を作って遊んでいたところ、神が憑依し、「われは …

月

大雪の札幌の関ジャニ’s エイターテインメントに行ってきました③

また前回の続きです。 ホテルで少しゆっくりして、コンサートに向かいました。 またあの吹雪の中を出て行かなければいかないといけないかと思うと気持ちが萎えます(*_*) でも、このために遭難しそうになりな …

欣葉(シンイエ)

老舗台湾料理店 欣葉(シンイエ)で晩御飯!

老舗台湾料理店のひとつ「欣葉(シンイエ)」は、本場台湾で味わう台湾料理店です。 台湾家庭料理を元に高級食材をメインにせず、普段作ることができない手の込んだ美味しい台湾家庭料理を食せるレストランです。 …

陽明門

日光東照宮 陽明門が完成!②

さて、前回の続きになります。 日光東照宮の案内図   東照宮内にある案内図です。 ちょっと、古すぎて、わかりにくいですね…。 なので、ちょぃと綺麗なのを載せておきます。 五重塔 石鳥居をくぐった左側に …

パラグライダー

高山にてバギー&パラグライダーの体験をしてきました。

高山で、バギー&パラグライダーの体験をしてきました。 四輪バギー 四輪バギーとは、ATV(All Terrain Vehicle)とも呼ばれています。 英語で全地形対応車をATVと言い、様々な地形を走 …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!