C-HR タイヤと内装

投稿日:2017年6月12日 更新日:


タイヤ

C-HRのタイヤですが、いろんなメーカーのタイヤが付くということをディーラーさんで見積もりをしているときに初めて知りました。この車にはこのメーカーさんのタイヤと決まっていると思っていたので、その話を聞いた時メーカーが選べるんだと思い、どこがいいかな~なんてのんきに考えてたんですが、話をよくよく聞いてみると、その車が作られる期間によってメーカーが決まっておりこちらからメーカーの希望を出すことは出来ないとのことでした。

タイヤの性能の違いなんてわからないのでどこでもOKなんですが、出来ればブリジストンに当たらないかな~とちょっとくじを引く気持ちでワクワクして、納車を待っていました。

タイヤ

納車当日、ディーラーさんに出掛けてC-HRにご対面。まずはタイヤをチェック。すると、ミシュラン!ちょっと小躍りしてしまいました。と言うのも、ビバンダムくんが好きなんです(笑)

フロント

インパネ

ナビは、T-Connectを付けたかったのと大きなほうが見やすいとの理由で、純正ナビの9インチにしました。T-Connectは友達が付けていて、地図の更新がとても楽なのとヘルプネットが使えると言うことで、今度買うときは絶対T-Connectを付けると決めていたんです。めっちゃ大まかな性格な私は前もって準備なんて出来ずに、地図が古いまま目的地の設定もせずに出掛けて、途中で大慌てして車を止めて設定。もしくは、道に迷いながら遠回りをして目的地に到着なんてことも、よくあることなんです(泣)
まだ、本格的にナビを使ってないので、この選択が正解だったかどうかはまだまだわからないままですが・・・

インパネにもよくわからないディスプレイがあり、ハンドルのボタンでいろいろなことが設定できたり、情報を見ることができるみたいです。ディーラーの方が丁寧に説明してくれたのですが、1週間たった今はもうすっかり謎のディスプレイとボタンになってしまっています。こちらも追々勉強しなきゃですね(笑)

グローブボックスはめちゃくちゃ狭いです。車検証が入ってるブックや説明書を全て収納することが出来ずに、何冊かは家で保管になってしまいました(泣)コンソールボックスは、幅が狭いのであまり収納できないのでは?と思っていたのですが、奥が深いためか思っていた以上に収納できました(嬉)ドア内部のポケットも小さいです。と言うことで、予想どおりフロントの収納はあまり出来ないです。

後部座席とラゲッジスペース

後部座席

後部座席は見た目ほど狭くない気がします。ただ、男の人が乗るにはちょっと苦しいかも!?足元のスペースがあまりないです。ただ、後ろに乗るのがわんこメインの私にとっては、手が届きやすいので、とても便利です(笑)こちらの収納はドア内部のポケットのみです。

バッグドア

ラゲッジスペースも思ってたほど狭くないです。スペアタイヤなしにしたのでラゲッジスペースの床下収納部分にも物が収納できます。ただ、床下収納部分の間仕切りが6個に分かれていてパンク修理キットなどが装備されているので、使えるは4個のみ。それも形がいびつで、素材も発砲スチロールみたいなもので出来ているので、無理やり押し込めることもできず、ちょっと大きなものは収納出来ません。間仕切りがなければもっと収納できるのに~(泣)
ただ、ラゲッジスペースのサイドが蓋付きのポケットになっているのですが、この蓋を取るとゴルフバックが積めるようになっているのは、さずが!って感じです。

※あくまでも個人の感想です。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジムニー

友人の車 ジムニー 

友人が、ちょぃ前のジムニーを購入しました。 そちらの車を紹介したいと思います。 の前に、ジムニーって、どんな車? ジムニー ジムニーは、スズキが1970年から販売している軽自動車のオフロード四輪駆動車 …

ランクルとの出会い

マツダ カペラC2 最初は車との出会いからの話になります。 あっしが、車の免許を取り、最初に乗りたかった車は、赤いスポーツカーです。 そのお眼鏡にかなった車は、「マツダ カペラC2 4WS」でした。 …

AE86

AE86

初代86 少しだけ86(以下、はっちゃん)の話をしようかな…。 以前にも言ったように、とあるアニメでドリフトなるものを知りました。 いろんな峠で走ってる方々がいる!というのを知って、ドリフトしてる所を …

ケンブロック・マスタング

東京オートサロン in 幕張 ケンブロックドリフト編

さて、外車に続く、第4段、ケンブロックドリフト編です。 ケンブロック氏 ケン・ブロック氏とは、アメリカのモータースポーツ選手です。 主にラリードライバーとして活動されてますが、昔は、スケートボード、モ …

ランドクルーザー②

さて、ランクル紹介の続きになります。 第一弾では、55、56までを紹介しました。続きは、60からです。 60系(1980年ー1989年) ランクル56系の後継モデルとしてデビューしました。 56に引き …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!