ランクル

ランドクルーザー①

投稿日:2018年3月27日 更新日:


前にジムニーの歴史?みたいなのを紹介したのですが、ホントなら、ランクルを先にしなきゃいけなかった!しくった!!

とにかく、今からでも遅くない!
紹介しときますぅ~。

ランドクルーザー

ランドクルーザー(LAND CRUISER)とは、トヨタ自動車が製造する最上級モデルの大型クロスカントリー車です。日本では「ランクル」という愛称で呼ばれてます。

1954年6月より「ランドクルーザー」という車名で生産されていて、日本製の自動車としては、63年を超える最も長い歴史を持つ車です。

78

ランドクルーザーの源流はヘビー系にあり、70系では、長大な車体を持つ78と79を中心に世界各国に向けて輸出が続けられています。

76

日本国内では、残念ながら、2004年(平成16年)7月をもって、販売終了となり、ヘビー系のランドクルーザーは姿を消しました。
ですが、復活を望むファンの強い要望に応え、誕生30周年を記念して1年間だけ再販されたのが、76です。

BJ・FJ型(1951年ー1954年)

トヨタジープBJ

1951年に試作車として開発されたのがランドクルーザーの前身となる「トヨタジープBJ」でした。
1953年に量産が開始され、当初は「トヨタジープBJ」という名前でしたが、諸事情により、1954年にランドクルーザーという名前に変更されました。
ストレートフェンダーが、なんてったって、かっこいい!!

20系(1955年ー1960年)

20

1955年8月、ランドクルーザーは、初めてモデルチェンジをし、20系となります。

ショートとやや長いミドルとがあり、後にロングが追加されました。
モデル末期の1959年、輸出が好調だったので、ランクル発の本格ステーションワゴンが投入!
30系の登場です。40系へのモデルチェンジまで1年を切ったこの時期の30系は、40系の前倒し生産と言われています。

40系(1960年ー1984年)

FJ40/FJ43/FJ45V/FJ40V(1960年ー1974年)

40

最初の40系はガソリン車のみの設定で、ディーゼル車(BJ系)が登場するまで生産されてました。
4ドアロング・ハードトップのFJ45Vは、海外需要の大きいモデルで、国内ではあまり普及せず、1967年には後継モデルであるFJ55Vにそのポジションを譲っています。
「V」は、「van=バン」を意味しています。

BJ40V/BJ43/BJ41V/BJ44V/BJ42V/BJ46V
          (1974年ー1984年)

40

1960年(昭和35年)1月発売開始。
20系のフルモデルチェンジ版として、登場しました。
すでに20系が30番台の数字を使用した為、型式は、40とされました。
1984年(昭和59年)11月に70系にフルモデルチェンジされるまで24年にわたり販売され続け、超ロングセラーモデルとなった40!そのため、世界各国で今なお現役で活躍し、また、趣味の世界でも「ヨンマル」「フォーティー」などの愛称で親しまれています。
以前、キムタクが出演したドラマで「ヨンマル」を乗り回したりしてました。
その時に、「ヨンマル」が脚光を浴び、問い合わせが殺到したとか…。
ただ、さすがに自己所有となると古い車なのである程度、自分でメンテナンスが出来ないと出費がかさむ模様…。

55、56型(1967年ー1980年)

 

55

50型より、クロスカントリー車というよりステーションワゴンを意識した車になってきました。
「乗用車ムードあふれるユニークなボディースタイル、クロスカントリー車という特異な車であるにもかかわらず、乗用車を上回る安全性。高出力のエンジンと理想的な車両重量配分と抜群の高速性能」と当時の解説書には書かれているんだって。

56

ランクル乗りには、「ゴンゴ」「ゴンロク」と呼ばれています。

う~ん…
やっぱり、全部は書ききれませんでした。
続きは、また次回で…。

 

-ランクル,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ランドクルーザー②

さて、ランクル紹介の続きになります。 第一弾では、55、56までを紹介しました。続きは、60からです。 60系(1980年ー1989年) ランクル56系の後継モデルとしてデビューしました。 56に引き …

車

2019年 都道府県別乗用車保有台数を調べてみた。

前回、事故死者数を調べた時に、だったら保有台数は?という疑問が生まれたので調べてみた。 2019年 都道府県別乗用車保有台数   乗用車 二輪車 1 東京 4,207,343 471,045 2 神奈 …

世界の面白道路標識

以前、ぷりんが道路標識で「動物飛び出し注意」の動物がいろいろあって、楽しい!って言ってたのを思い出し、今回は、道路標識をちょっと調べてみた。 海外のになると、日本では考えられないような標識があったので …

キャンバーもどき

ジムニー SJ30君 立ちごけ パート1

引き続き、30君の勇姿をご覧頂きます。 以前、イケイケ30君を紹介しましたが、その30君もチャレンジした場所です。 手掘りの罠 キャンバーもどき こちらは、イケイケ30君がチャレンジした時のものですが …

地図

ETC2.0

CH-Rを購入する際、ディーラーの方がETC2.0を勧めてくれました。ETC2.0とは、ETCの進化版のようなかんじで、今までのETCの機能にプラスして渋滞回避や安全運転支援をしてくれるようです。その …


管理人のぷりんと蘭斗です。
半世紀、いろんなことにチャレンジしてきた二人です。これからもますますチャレンジしていきます!
その報告をここでしていきますので、よろしくお願いします。

もっと詳しく
error: Content is protected !!